キレの位置の簡単な決定法

 

1.まずこのようなAdobe Illustratorのデータがあるものとします。

 

2.原図よりネオン管の長さを測定します。例ではきるびくんXPを使用しています。

 

 

3.図形の長さが4706mmと判明しました。

次に、ネオンの本数とキレの間隔から、1本あたりの長さを計算します。

ネオンの本数が4本、間隔が10mmであるなら、

1本あたりの長さは(470610×4)÷41166.5mmであるとわかります。

 

4.Adobe Illustratorで分割すべき図形を破線にします。

このとき、線分の長さを1166.5mm、間隔を10mmに設定してください。

(下図は1/10で作図しておりますので、線分が116.65mm、間隔が1mmになっております)

そうすると下図のようになります。

 

5.次に、はさみツールを使用して、キレを入れたい箇所を決定します。

 

6.最後に、配線・トランス位置・曲げ・電極などの条件を考慮のうえ、

破線の切れ方を参考にして適宜切り位置を決定します。

また、はさみツールでカットしたパスは最後に連結します。